MIU ART BOX

MIU ART BOX とは

MIU ART BOX は、宇野港フェリーターミナル・離島航路棟にあったミニ・ギャラリー。開設した2004年7月頃、地中美術館の館長だった秋元雄史さんから「センス良いねぇ! 誰がやっているのかと思ったよ」と声を掛けて貰った事を励みに活動してきましたが、フェリー代理店契約破棄となった2017年4月20日に閉廊。近年は、コレクションを近在の店舗に貸し出す「街中アート」活動に注力しています。現在、倉敷市に2店舗(3点)、岡山市に2店舗(3点)、玉野市に1店舗(2点)を数えていますが、この話を持ちかけるタイミングは、店主との程よい距離感が感じられた時。大人としての総合力が試される瞬間だと感じています。

現在貸出中の作品

炭 ハバキ(TALA さんの「ノーチラス号」)

TALA さんの「ノーチラス号」

常右衛門食堂(塩田 恵さんの「ねぎ」)

塩田 恵さんの「ねぎ」

Pizza Base(斉藤清光さんの「form from a leg」)

斉藤清光さんの「form from a leg」

MIU ART BOX の名称について

MIU ART BOX の名称は、愛猫の名前・MIU(ミュウ)に由来します。
2001年の春、玄関前で鳴き声がするので、ドアを開けたら3匹の猫が佇んでいて、その内の1匹が何のためらいもなく入って来て居着きました(笑)。
近所の飼い主が引っ越す際に捨てた雌猫と後に知りました。
2018年3月25日、逝去。