宇野港 「連絡船の町」 プロジェクト

世界各地の新旧さまざまな連絡船の写真を収集することで、瀬戸内海や宇野港が担ってきた役割を再認識し、宇野港を改めて「連絡船の町」として特徴づけていくプロジェクト。『撮り船』 フォトコンテストの入選作品の内、ビルボード作品として選出された写真は、瀬戸内国際芸術祭の街中写真展の作品として、宇野港一帯で展示される。

画像は、第一回 『撮り船』 フォトコンテスト(応募期間:2015年1月19日〜12月28日)の入賞作品(元の画像サイズは、9cm × 6cm)で、母が二眼レフで撮ってくれた幼少期の自分。1959年11月、初めて買って貰った自転車で、国鉄時代の宇高連絡船を追いかける姿を、遠近法を活かしたアングルと三分割の構図で活写してくれました (^_-)-☆