飄プロジェクト

飄プロジェクトとは

飄プロジェクトとは、宇野港再開発事業(1994~2006)の宇野港フェリーターミナル整備事業(1999~2002)への参画、定期船の通わない離島に小荷物を届ける離島生活支援船の運航(1998~2012)、ミニギャラリー・MIU ART BOX(2004~2017)の運営、海へ散骨する(2001〜2007)お手伝い、観光客の迷惑行為をアートの力で解決しようとした防御アート (2009~2010)などを通して、「人と港との健康的で、楽しい交わり」を追い求めた活動。

飄(ひょう)とは

書家の渾 彩秀さんに揮毫して貰った「飄」という文字には、パリ市の紋章に添えられている「FLUCTVAT NEC MERGITUR(たゆたえども沈まず)」という標語の意味を込めて貰い、ヨットやクルーザー、活動の名前に冠しました。

飄プロジェクトを経験して気づかされたのは、「行動する際には、骨格をしっかりと整え、心を常に美を司る魔法の鍬で、ほっこりと耕しておく」という事でした。